スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

よるんぽ

毎日毎日35度超えのきな&もみ地方。
人もワンコもクーラー無しでは生きていけません。
でも、夜になると、日中の暑さが嘘のように気温が下がり、アスファルトも全然熱くない。

数年前までは、かなり夜遅くならないと地面もクールダウンしなかったものですが、その点は唯一ワンコには喜ばしい点でしょうか。

今日は、侍従3人従えて、よるんぽ行ってきました。


お水かけ担当


お拾い担当


お連れ担当


こちら姫


距離にしたらほんの数百メートルですが、匂いを嗅ぎ嗅ぎ、ゆっくりゆっくりお歩きになられます。そして、帰ると揺らしても起きないぐらい爆睡します。白目をむいて。結構ホラーな毎日を送って、いや、送らせていただいております、うさでした。



----------------------------------------------------------

私がボランティアさせていただいておりますAnimal Donationでお知らせした事例をシェアします。(ちょっとショッキングですがお許しください)

日中お散歩に連れ出している方をたまに見かけますが、こちら、日中のお散歩で大やけどをしたワンコの足の裏です。




これに気づいた飼い主さん、号泣されたそうです。ワンコは言葉が話せません。暑いこの時期、お散歩に行く時は、かならず、アスファルトを手で触って熱さを確認してから出かけましょう。涼しくなってからの、よるんぽ。暑くなる前の、あさんぽ。犬と暮らす全ての人に共通認識として広がりますように。
スポンサーサイト
  •   06, 2015 22:49
  •  0
  •  0

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。